春のオフィスコーデ5選♪憧れの先輩になれるお仕事服|INFORMATION|so me!(ソーミー)|洗えるレディーススーツ|サイズ展開も豊富

春のオフィスコーデ5選♪憧れの先輩になれるお仕事服

2022.03.25

スタイリスト金子千恵が悩める働く女子にお届けするコラム
【働くオトナ女子のTHINK ABOUT FASHION】

 
今回のテーマは春のオフィスコーデです。
だんだんと暖かくなってきましたね。
もうすぐ新年度!
新入社員が多いこの時期は先輩として仕事はもちろん、服装も褒められたいですよね。
「憧れの先輩になれるコーディネートとは?」
「後輩とコーデがかぶりたくない」
という方必見、おすすすめの春のオフィスコーデを5つご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。


■使用したスーツとインナー

《スーツ》




《インナー》


左から
ボウタイブラウス
メタルパーツ付きブラウス
シア素材ブラウス
タック入りストライプブラウス

(すべてスタイリスト私物)

上品できちんとした印象に仕上げるにはインナーにブラウスを着用した方がよいでしょう。
トレンドの素材感もブラウスは豊富ですし、襟、袖などのデザインもカッソーよりブラウスの方が色々あり、ジャケットを脱いだ時、1枚でもサマになります。
カットソーインナーの方が楽ですが、カジュアル見えするので、内勤や作業の日に選ぶようにしましょう。
 
また、ネイビーやブラックのスーツは誰でも持っている色です。
部下がネイビーのスーツを着てくる可能性も考えて、場合によっては色で被らないようにコーディネート考える事も必要になってきます。
 


 

挨拶まわりはしっかり者で優しい先輩のコーディネートで!

緊張する部下を連れての挨拶まわりには、頼りになる先輩になりたいところ!!
そんな時におすすめなのは、柔らかな雰囲気も出せるフレアスカートです。
ふんわりしたシルエットがタイトスカートより、優しく見えるので緊張している部下にも優しい印象を与えます。
ボトムの色味を濃色にする事で、落ち着いた雰囲気を与え、しっかりした印象にも見えるので後輩から頼りにされそうですよね!
インナーが濃色の時、ジャケットはクリームやオフ白などの淡色にすると柔らかく、優しく見えますよ。そして明るい色のジャケットはグッと春らしくなります。




ランチには春らしいカラーで♪

部下たちといつものお店で一緒にランチには春らしいピンクのスーツがおすすめ。
オトナ女子が選ぶピンクはグレーが入った落ち着きのある色味がベスト!
 
ピンクって春になると店頭でもよく見かける色ですが
オトナ女子としてピンクを選び間違えると、ちょっとイタい感じに…
グレーが入った落ち着いた色味のピンクだと、同僚から「それどこの?」と言われるかも!?
こちらのピンクのスーツに爽やかなストライプ柄のインナーを合わせるのも春らしいカラーリングですね。



社内会議は華やかな服装で

社内会議には男性も多いので発言も存在も埋もれてしまわないよう華やかなブラウスで程よく存在を出しましょう。
リボンがアクセントになるアクセサリー要らずのブラウスはネイビースーツで引き締めると存在感のあるコーディネートに仕上がります。
ネイビー、ブラックのスーツに合わせるインナーで後輩と被らないようにするには、胸元にギャザーやボウタイなどのデザインのあるもの、金具やビジューなどがついているものを選ぶと良いでしょう。

 

出張は軽くて楽なエアリースーツで

エアリースーツのジャケットは、まるで着ていないかのような軽さで1着200g‼
コンパクトにたためるのでバッグの中にもしまえる優れものなのも嬉しいポイント◎
ストレッチ性もあるので移動時間の多い車内でもとっても楽です。
 
ブラウスは軽やかな素材感が今っぽい、この春イチオシのシアー素材アイテム。
さりげなくトレンドを入れる事も褒められコーディネートには大切なポイントです!
ブラウスが透け素材の場合、インナーはオフ白やグレーのキャミソールやタンクトップにしましょう。
黒のインナーは透け感が強調されて、あまり上品ではないので避けた方がいいでしょう。


オフィス作業日はジャケットなしのセットアップコーディネート

1日中、社内で資料作成の日はジャケットを羽織らないセットアップがおすすめです。
シンプルなプルオーバーはジャケットを着ない分、少し印象にメリハリがなく見えるのでトップスに少し存在感のあるネックレスを入れてコーディネートにメリハリをつけると良いでしょう。

足元はカラーパンプスなどで表情を出すのもオフィスカジュアルの日には良いですよ!
 


いかがでしたでしょうか?
いつもと同じスーツでも、インナーの選び方で新しい着こなしが可能です。
いつものコーディネートを少し工夫すれば「後輩と服装がかぶってしまう…」という事も少なくなるのではないでしょうか?
春はぜひ素材感や色遊びを楽しんでみてください。

 

 

前のコラムを読む▼
卒業式(卒園式)・入学式(入園式)スーツ 失敗しないセレモニースーツ選び


次のコラムを読む▼
初夏のトップス着回しコーデ  2022SS新作ブラウス特集



金子 千恵(Instagram @chiika26)
serendip代表

骨格診断を踏まえたその人に似合う服のアドバイスに加えて、豊富なファッションのトレンド知識と素材知識を活かして、スタイリングから商品の取り扱い方法までの総合的なアドバイスを得意としている。またアパレル業界を目指す学生に日々ファッションを説く服飾専門学校の講師も務めるなど幅広い活動を行っている。