お手入れガイド

● 取り扱い絵表示を確認 ●

商品の内側に縫い込んでいる『取り扱い絵表示』を確認します。
洗濯機で洗えるものと、手洗いの2種類あります。

洗い方

液温は30度を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる

漂 白

干し方

アイロン

クリーニング

タンブル乾燥

新JIS洗濯表示記号

● 洗濯機で洗濯可能 ●

01

《ネットを使用》

ボタン、ファスナーを留めて裏返しにたたみ、一着ずつネットに入れてください。

02

《洗濯機のコースを選択》

取り扱い絵表示の洗剤を使用して、「手洗いコース」や「ウールコース」などの弱水流で洗濯してください。

  • ※30℃以下のぬるま湯または水をご使用ください。
  • ※他の洗濯物とは分けて、単独洗いをしてください。
  • ※蛍光漂白剤が入った洗剤や、塩素漂白剤は避けてください。
  • ※生地を傷める可能性がありますので柔軟仕上げ剤の使用は避けてください。

● 手洗いのみで洗濯 ●

01

《形を整えて、やさしく押し洗い》

ボタン、ファスナーを留めて、形を整えます。取り扱い絵表示の洗剤を使用して、20~30 回やさしく押し洗いします。

02

《すすぎ・脱水》

ネットに入れるか、タオルに包んで、脱水機を使用し15秒以内で脱水します。その後、洗う時と同様の方法で水のみでやさしく押し洗いします。 洗剤の泡が無くなるまで押しすすいで下さい。最後に先ほどと同様に15秒以内の脱水をしてください。

  • ※生地を傷める可能性がありますので柔軟仕上げ剤の使用は避けてください。

03

《乾かす》

ボタンを留め、形を整えて厚みのあるハンガーに吊して、軽く両手でたたきシワを伸ばします。直射日光が当たらない様に日陰に干してください。ニット類は平干しすると型崩れを防ぐことができます。

04

《アイロンによる仕上げ》

取り扱い絵表示に表示されております、素材にあった温度に設定してアイロン仕上げをしてください。
※素材によってはノーアイロンでご着用頂ける商品もございます。商品詳細ページの「ノーアイロンマーク」でご確認ください。
アイロンがけのヒント! まず、手でシワが無くなる様に伸ばし、アイロン台面に馴染ませてから、当て布をし指定温度で軽くアイロンがけしてください。
 ジャケット類は、肩や袖に丸めたタオルなどを入れてから立体に合わせてアイロンを当てると綺麗に仕上がりやすくなります。
 次に身頃をかけ、最後に衿を仕上げます。

タンブラー乾燥

タンブラー乾燥とはコインランドリーなどで見かける“衣類を過熱した状態で回転させる乾燥機”で、家庭用の乾燥機も同じ方法で衣類を乾燥させます。乾燥機の熱や回転による摩擦やねじれ、他の衣類と絡み合うことで、自然乾燥に比べて大きいダメージを衣類に与える可能性があります。
長く綺麗にご着用頂くため、タンブラー乾燥は避けてください。

ご着用中のトラブルについて...『原因と予防』
● 毛玉ができた!
毛玉の原因は着用中や洗濯での摩擦が原因

早めにお手入れすることで毛玉の発生を食い止めてください! 放っておくと大きくなったり数が増えたりします。

  • ・衣類同士で摩擦の起こりやすい脇の下、そで下、腹部は脱いだ時にチェック。
  • ・こまめにエチケットブラシを使って生地の地の目にそってブラッシング。ホコリが取れて生地の毛羽の絡みもほぐれるので毛玉ができにくくなります。
  • ・できてしまった毛玉は生地の糸を切らない様に、やさしくつまんで毛玉だけをカットしてください。引きちぎるのはタブーです。毛玉を取った後の生地が毛羽立ち、新たな毛玉の原因になります。
● 生地から糸が飛び出てきた!
表面がザラザラした物や突起物との摩擦や引っかけが原因で、生地の糸が引き出された状態

飛び出た糸は切らないで! 穴あきや破れの原因になります。

  • ・衣表面が引きつれた状態になった場合、元に戻すことは難しいですが、裏地のない部分であれば、飛び出た糸を裏に引き込む様にしてみてください。
● 変色している!
衣類が変色する原因は日常生活の中でもたくさんあります。防ぐことができるものも多いのでちょっと注意をしてみてください

早めにお手入れすることで毛玉の発生を食い止めてください! 放っておくと大きくなったり数が増えたりします。

  • ・光:日光や蛍光灯から出ている紫外線は生地の染料や繊維にダメージを与えます。洗濯の際には特にお気を付けください。
  • ・蛍光漂白剤:弱アルカリ性洗剤に含まれていることが多い蛍光漂白剤は白みを強調するための染料の一種です。変色の原因になりますので、使用しないでください。
  • ・汗:汗にはわずかですが様々な成分が含まれています。汗が付着した衣類をそのまま放置しておくと、成分の蓄積と複合的な作用で変色やシミに進行してしまうことがあります。汗の成分は水洗いでも除去できますので、早めのお洗濯を心がけてください。
  • ・汗と光:汗が付着した衣類に日光が長時間当たると、紫外線の効果も加わり生地の変色の確率が大幅に高まります。
  • ・漂白剤:漂白剤の種類により、使えるものと使えないものがあります。取り扱い説明文を確認し、衣類の洗濯表示も合わせてご確認頂いた上で正しくご使用ください。