プロが教える!サマーウール素材の4つの魅力

2021.03.24

スタイリスト金子千恵が悩める働く女子にお届けするコラム
【働く女子のT H I N K  A B O U T  F A S H I O N】
 

今回は素材の話。
オトナ女子こそ素材の魅力も知っておいて欲しい!!
そんな働く女性たちに、ぜひ着て欲しいサマーウール素材の魅力をたっぷりと紹介します。



そもそもサマーウールってなに?

ウールとはご存知のとおり、羊毛のこと。
セーターや冬の小物に欠かせないウール。
 
えっ?!
ウールって冬の素材じゃないの?
 
もちろん冬に使用するウールは保温性が高い素材です。
 
夏のサマーウールはメンズのビジネススーツでは一般的な素材なのですが、レディースでは少し馴染みがないかもしれませんね。

サマーウールとは、冬のウールと比較すると羊毛を細く撚って織られているので、通気性に富んでいて、シャリ感のあるさらっとした質感になっています。
サマーウールの上品な素材感は、夏場の装いをきちんとしたイメージに仕上げたい時にもおすすめです。

生地の厚みや撚り方などで冬用や夏用となり、ウール製品は実は1年中着用する事ができる優れものなんです。



 

 


 

魅力その1:シャリっとした質感

魅力1つめは、シャリっとした肌さわり感。
細く撚った糸を使用していることでそのような質感になるのです。
シャリ感は麻のような感触で、着用しても気持ちがいい素材です。




 


魅力その2:吸湿性と発散性

魅力2つめは、羊毛という天然素材なので、汗をかいてもしっかりと吸収してくれ(吸湿性)、その後服の外に逃してくれる(発散性)があるという事。
毛の表面が湿気を吸収・放出するので、汗をかいても湿った感じが少なく、いつでも最適な状態なのです。

ウールは湿気を吸ったり吐いたりする性質から「呼吸する繊維」といわれています。
一日着たら、一日お休み。
着用後はハンガーにかけて、吸い取った湿気を発散させてあげましょう。





魅力その3:抗菌防臭効果

魅力3つめは、抗菌防臭効果がある事。
 
夏って汗のにおいがやっぱり気になりますよね?

動物繊維の羊毛は皮膚の一部として、細菌の侵入を防ぐ作用を持っているそうです。
菌の繁殖がしにくいという事で、抗菌防臭効果がある素材と言われています。

そうは言っても、もちろん汗をかいた後は洗濯はしましょう。

so me!のサマーウールシリーズは、ホームクリーニングが可能です。ネットに入れてお家で簡単に洗濯可能ですよ。




魅力その4:シワになりにくい

魅力4つめは、シワにも強い事。
一日中仕事で着用していると、シワが気になりますよね?
 
サマーウールはシワや型崩れに強い性質があります。多少のシワはハンガーに吊るしておけば気にならない程に回復しますよ♪
なんとも嬉しいですよね。

 

いかがでしたでしょうか?
サマーウール素材ってすごく優秀ですね!
忙しく、動く、働く女性にも嬉しい機能が豊富で、オトナの夏素材としてぜひおすすめです。
一度着ると、手放せなくなるかも?!

 



■筆者のプロフィール

金子 千恵
serendip代表



スタイリスト/個人向けスタイリスト
アパレルデザイナー/服飾専門学校非常勤講師

骨格診断を踏まえたその人に似合う服のアドバイスに加えて、豊富なファッションのトレンド知識と素材知識を活かした、スタイリングから商品の取り扱い方法までの総合的なアドバイスを得意としている。また、アパレル業界を目指す学生に日々ファッションを説く服飾専門学校の講師も務めるなど幅広い活動を行なっている。