プロが教える!職業別おすすめコーディネート=広告代理店O L編=

2021.06.03

「働くオトナ女子のお仕事服とは?」
スタイリスト金子千恵が悩める働く女子にお届けするコラム
【働くオトナ女子のT H I N K  A B O U T  F A S H I O N

今回のテーマは
職業別おすすめコーディネート
第3回目の職業は広告代理店OL編

広告企画などクリエイティブなお仕事なので、流行にも敏感な広告代理店で働く女子。
雑誌、C M、広告、芸能界、ファッション関係など華やかな仕事に関わる広告代理店ではデザイナー、カメラマン、ヘアメイクなどファッション感度の高い方と一緒に働く事も多いはず。
 “通勤着も手を抜けない…”
そんなお悩みございませんか?
ちょっぴり洗練されたコーディネートをご紹介します。



明るく爽やかな装いを

まだまだ男性比率が高い職場の広告代理店ですが、男性はネイビーやグレーなどのスーツが多いので、男性があまり着用していないカラーを取り入れると社内でもパッと明るくなりますね。
オフ白のスカートや、パンツなどを取り入れると夏らしく涼しそうに見えます。
 
トップスをベージュや淡いカラーと合わせると、柔らかいコーディネートになり、優しい印象になります。女性らしいデザインのブラウスとの相性も良いですよ。




プレゼンや会議の時は、ブラックやネイビーのジャケットと合わせるとクールビューティーな印象で引き締まって見えますね。

高機能ブラウスで快適な夏♪

夏にオススメのブラウスとは?
汗をかくこの時期にはズバリ高機能素材がおすすめです。
 
シワになりにくく、抗菌・消臭・防汚・抗ウイルス加工が施されているこちらのブラウスは
汗をかいても安心です。
 
ジャケットを着用しなくても1枚でサマになるのでお仕事シーンにピッタリです。


夏らしいさわかやなストライプ柄は涼しい印象にしてくれ、腰回りにタックが入っているので体型もカバーしてくれるトップスは1枚持っておくと便利ですよ。
 
また、こちらのアイテムは1枚でオンオフとも使えるのも嬉しいポイント。
オフの日にはデニムとの同系色コーディネートもかわいらしく仕上がります。


オフォスカジュアルにはトップスを極める!!

広告代理店はオフィスカジュアルスタイルOKの職場も多いはず。
そのため比較的自由が効き、自分のイメージに合わせて服装を選ぶことが出来ます。
営業やイベントなどにはTシャツ素材のトップスがおすすめ。伸縮性もあるので動く仕事にはピッタリです。
 
「Tシャツ素材を仕事に着ていくのは…」と思われた方もちょっとしたコツを掴むだけで、お仕事着になります。
 
Tシャツ素材のトップスをキレイめに見せるコツとは?
 
1つめは、素材を綿100%ではないものを選ぶ事。
綿100%素材のTシャツ素材はカジュアルな質感です。肌触りが良いのですが、汗をかいても乾きにくい素材なので夏場には、ポリエステルなどが入ったものを選ぶと良いです。

ポリエステルが入っている素材は汗が乾きやすく、表面に光沢や柄感を持たせたものもあります。
そのような素材のトップスを選ぶとコーディネートがキレイに見えますよ。

こちらのTシャツ素材はポリエステル100%で、表面に凸凹感があり肌に当たる面も少ないのでベトベトしない上に通気性も良い素材です。

2つめはアクセサリーを使う事。
カジュアルに見えすぎたり寂しそうに見えないように、首元にアクセサリーをつけたり、日焼け防止効果もあるスカーフなどを首元に巻くのがおすすめ。
華やかさを出すのがポイントです。


Tシャツ素材以外のトップスなら、カジュアルな雰囲気を少し出したい時は、サマーニットなどがおすすめ。
ノースリーブや、麻やポリエステルなどの素材を選べば、ジャケットを着ても暑くないですよ。

プレゼンやクライアントに会いに行く時などは、シャツがおすすめ。
堅実な印象を与える事ができるコーディネートです。

 
TPOに応じてトップスを使い分けると簡単にイメージを変える事が出来ます。
 
いかがでしたでしょうか?
自由度が高い職場では、周りが着用していない色を身につけてみたり、トップスのコーディネートに幅を出してみたりする事で、いつもと違ったスタイルが出来るので、ぜひチャレンジしてみて下さいね!
 

 


前のコラムを読む▼
「高機能!夏に人気のニット素材のジャケット特集」


次のコラムを読む▼

「プロが教える!職業別おすすめコーディネート=IT・出版系OL編=」


■筆者プロフィール

金子 千恵
serendip代表

スタイリスト/個人向けスタイリスト
アパレルデザイナー/服飾専門学校非常勤講師
 
骨格診断を踏まえたその人に似合う服のアドバイスに加えて、豊富なファッションのトレンド知識と素材知識を活かして、スタイリングから商品の取り扱い方法までの総合的なアドバイスを得意としている。またアパレル業界を目指す学生に日々ファッションを説く服飾専門学校の講師も務めるなど幅広い活動を行っている。