プロが教える!骨格スタイル別スタイリングアドバイス トップス編

2021.09.28

「働くオトナ女子のお仕事服とは?」
スタイリスト金子千恵が悩める働く女子にお届けするコラム
【働くオトナ女子のT H I N K  A B O U T  F A S H I O N
 
今回のテーマは
骨格タイプ別のおすすめトップス
 
自分の骨格タイプが分からない方は前回のコラム(
「プロが教える!骨格スタイル別スタイリングアドバイス」)を参考にしてくださいね。



骨格タイプで得意なデザインと素材が分かる

骨格タイプを知る事で自分が得意な【形(デザイン)】と【素材】を知る事が出来ます。
ファッションの3大要素は
【色】【形(デザイン)】【素材】です。
服はこの3つの要素で出来ています。
そして、ストレート・ウェーブ・ナチュラルの3つの骨格タイプで、それぞれ得意な形(デザイン)や素材があります。
 
買ったけど、なんとなくしっくりこないという服があるのなら、それは骨格タイプに合ってなかった可能性もあります。
今回はそれぞれのタイプにおすすめのトップスをご紹介しますね。
 

 

ストレートタイプはスッキリ感と張り感素材

上半身に厚みがあるストレートタイプ方は、トップスはスッキリと見せる事が大事です。
また首が少し短めの方も多いのがこのタイプの特徴なので、インナーはVネックやUネックにして、首が長く見えるようにすると良いです。
 
冬になってハイネックを着る時は、ニットの厚みが薄めのものを選び、長めのネックレスでVラインを作るとスッキリ見えますよ。



ジャケットはテーラードが一番似合うのがストレートです。
襟なしジャケットを選ぶ場合はジャケットのボタンを閉めた時開き部分がVラインになるものを選ぶようにすると、上半身がスッキリ見えます。

素材感は張りがあり、かための素材が一番得意です。
オーソドックスなスーツ全般によく使われている素材なので、スーツが選びやすいですね。



ウェーブタイプはボリューム感と柔らか素材

ストレートタイプとは反対に上半身に厚みがないウェーブタイプ方は、胸元が開いているVネックなどを着ると、胸元が寂しく見えてしまいます。
よってトップスにボリュームを持たせる事が大事です。
インナーはデコルテ部分にギャザー、タック、ボウタイなどデザインがあるものが寂しげな上半身を華やかに見せてくれます。


また、首が詰まった丸首ジャケットが一番似合うタイプです。


デザインインナーは持ってない…という方、シンプルインナーだとネックレスは必須です。
これからの季節は、スカーフやファーのマフラーなどを合わせて上半身にボリュームが出るようにすると良いですよ。


素材感はドレープ感のある柔らかな素材や光沢のある素材が一番得意です。スーツのインナーはそういった素材のブラウスがおすすめです。逆に、パリッとした張り感のあるシャツは苦手です。
ニット素材やラメなどが入った素材のスーツもおすすめですよ。


ナチュラルタイプはゆったりシルエットとカジュアルな素材感

ナチュラルタイプの方は、トップスは少し大きめシルエットに見えるようにすると良いです。
 
上半身に厚みはあまりないタイプですが、作り込んだスタイリングが苦手なので全体的にゆったりとしたシルエットが似合います。メンズっぽいものが誰よりも似合うのでスーツはダブルのジャケットが一番似合います。

女らしい雰囲気にすると、ちぐはぐな印象になるので、レースのようなフェミニンアイテムを着るときは、大きめでざっくりしたものをセレクトしましょう。

素材感は表面がフラットな素材よりもカジュアルな素材が一番得意です。
ブリティッシュツイードやコーディロイもおすすめです。
綿や麻が入った天然素材も良いですよ。


いかがでしたでしょうか?
それぞれのタイプにより、得意な形(デザイン)や素材があるので、迷ったら参考にしてみてくださいね。
ただ、そこにこだわりすぎると着たい商品を選べなくなるので、「論理的に知っておくと便利で、失敗しにくい」という程度でも良いかと個人的には思います。
特にインターネットでショッピングをする際には、購入する際に試着できなくて失敗する場合もあるので、骨格診断を知っておくと失敗を減らせて便利ですよ。

前の記事を読む▼
プロが教える!骨格スタイル別スタイリングアドバイス


次の記事を読む▼
プロが教える!骨格スタイル別スタイリングアドバイス トプス編



金子 千恵
serendip代表

スタイリスト/個人向けスタイリスト
アパレルデザイナー/服飾専門学校非常勤講師
 
骨格診断を踏まえたその人に似合う服のアドバイスに加えて、豊富なファッションのトレンド知識と素材知識を活かして、スタイリングから商品の取り扱い方法までの総合的なアドバイスを得意としている。またアパレル業界を目指す学生に日々ファッションを説く服飾専門学校の講師も務めるなど幅広い活動を行っている。