夏のトップス着回しコーデ特集  2022SS新作ブラウス第2弾|INFORMATION|so me!(ソーミー)|洗えるレディーススーツ|サイズ展開も豊富

夏のトップス着回しコーデ特集  2022SS新作ブラウス第2弾

2022.06.16

スタイリスト金子千恵が悩める働く女子にお届けするコラム
【働くオトナ女子の THINK ABOUT FASHION 】
 
今回は夏の新作トップス第2弾の着回しをご紹介します
暑い日はTシャツなどラクなもの着たいところですが
オトナ女子として、お仕事感のある服装はやっぱり大事です。
この夏の新作は1枚できちんと感が出る上に、夏に嬉しい機能素材のデザインブラウス。
さっそく新作の2アイテムをご紹介します。
 
■新作アイテム



旬のボウタイで華やかコーデ


トレンドのボウタイブラウスは胸元にデザインがあるので、首元にアクセサリーがなくても1枚で存在感のあるコーディネートが完成します。
 
人気の防透素材で透け感も気にならず、速乾性もあるので汗をかいても乾きやすくて夏に快適です。
さらにこちらの生地はUVカット素材なので紫外線が気になる季節にぴったり。



〈お仕事コーデ〉
淡色のトップスは爽やかで定番ですが、いつも同じようなトーンや色味でマンネリ化しがち。そんな時はベージュ系ブラウンが挑戦しやすい大人カラーでおすすめです。
仕事では少し爽やかさをプラスしたいので、ボトムを淡色にすると夏らしいコーディネートになりますよ!
ボウタイブラウスは、フレアスカートなどに合わせるとフェミニン寄りになってしまいがちですが、Iラインシルエットにするとかわいくなりすぎず大人っぽくなります。


こちらのブラウスは5分丈の袖なので、気になる二の腕をふんわり隠してくれます。
袖口も程よいゆとり感で通気性がよく、涼しく着る事ができます。
 
暑い夏はできるだけ涼しくしたい反面、お仕事コーデではできるだけ肌の露出は避けたいですよね。
上品に見せつつ着心地も良い、デザインと機能を兼ねそろえた優秀アイテムです。
 
 
〈休日コーデ〉
お休みの日にはキレイめなデニムに合わせるとトップスとのバランスも◎
 
デニムと合わせる事で適度にカジュアルダウンしたコーディネートになリます。
ボウタイ初心者でも簡単に挑戦できるコーディネートですね。
小物をコーディネートの中のカラーに合わせるとスッキリまとまりますよ。



こちらのブラウスは、実はボウタイの取り外しも可能な2WAYタイプ。
ボウタイのありなしで印象が変わるので、色々なシーンで活躍してくれるのも嬉しいポイントです。


 
 
オフの日はボウタイを外して使うと、フェミニンな印象からシンプルでキレイめな印象にチェンジできるので、違った表情のコーディネートも楽しめますね。
ボウタイを取るとバンドカラーでどんなボトムにも合わせやすいデザインなっています。
ネイビーのバンドカラーブラウスとテラコッタやカーキなどのアースカラーのボトム合わせは、バカンス風で大人なコーディネートです。抜け感を出したい場合は、第一ボタンを開けても◎

Vカットで程よく肌みせ


〈お仕事コーデ〉
キーネックのブラウスは、デコルテのVカットで程よく肌みせが今っぽいアイテムのブラウス。
前立てが比翼仕立てなのでボタンが見えずに全体がキリッとした印象の上品な1枚です。

「Vネックのブラウスは、屈んだら胸元が見えそうで…」と、ちょっと躊躇する方もいるかと思いますが、こちらのキーネックブラウスは屈んでも胸元が見えにくい設計になっているんです!
前屈みになる時、気を使わなくても良いので、一度着てみて欲しいアイテムです。

 
 
〈休日コーデ〉
休日はカラーボトムに合わると夏らしいコーディネートの完成。
この夏、特に気になるのがビビッドカラー。
ビビッドカラーを取り入れると、暑さに負けないような元気になれるコーディネートになりますね♪

 
風を感じるキーネック半袖ブラウス(クリーム)

後ろの裾が少し長く、裾をボトムの中に入れて着ても、ボトムの外に出して着ても程よい長さ。




パンツと合わせる時の良いバランスの取り方のコツは3:7(トップス:パンツ)。
合わせるボトムによって全体のバランスを取ると良いでしょう。
 
トップスを中に入れる、ヒールを履いてバランスを取るなどスタイル良く見えるバランス作りも大事です。
いかがでしたでしょうか?
シンプルですが安心してお仕事に着られるポイントが満載の夏のトップス。
2WAY仕様でアレンジしやすかったり、子どもと一緒に動き回って前屈みになっても安心な設計だったりと、オフの日も着回しやすいアイテムです。
ぜひ、この暑い夏に軽くてUVカットのブラウスを1枚プラスしてみてはいかがでしょう?

■防透ブラウスシリーズ
今回ご紹介した2つアイテムと同じ素材を使った商品はこちら。




前の記事を読む▼
初夏のトップス着回しコーデ特集 2022SS新作ブラウス第1弾


次の記事を読む▼
働くオトナ女子の本音座談会  “so me!” のスーツってどう?
(前編)

金子 千恵(Instagram @chiika26)
serendip代表

ファッションスタイリスト/個人向けスタイリスト
アパレルデザイナー/服飾専門学校非常勤講師
 
骨格診断を踏まえたその人に似合う服のアドバイスに加えて、豊富なファッションのトレンド知識と素材知識を活かして、スタイリングから商品の取り扱い方法までの総合的なアドバイスを得意としている。またアパレル業界を目指す学生に日々ファッションを説く服飾専門学校の講師も務めるなど幅広い活動を行っている。